アーユルクロス アーユルヴェーダ染め
  • BLOG

アーユルヴェーダ染め手織りオーガニックコットン【ayurcloth】 

ユーファイをセルフケアに取り入れていらっしゃるアーユルクロスさんが、出張産後ケアユーファイが受けられるサロンとしてJai Maaを紹介して下さいました。

アーユルクロスさんについて

手紡ぎ手織り布をアーユルヴェーダ染めで手染めした貴重な自然布で作った素肌に直接着られる衣類を販売しています。

手紡ぎ糸はよりが不均一のため、独特の風合いがあり、夏は風を通しやすく涼しい。
冬は布目に空気を含むため暖かいという優れた特徴を持っています。
手織り布は使い込めば使い込むほど柔らかく、肌に馴染んでいきます。

アーユルヴェーダ染めとは、インドの伝承医学であるアーユルヴェーダの理論に基づいて様々な薬草やスパイスを医師が調合して布を染める薬草染めです。
南インドの伝統的なアーユルヴェーダ染め技法を継承する一族が運営している染め工房では、昔ながらの全く化学処理を施さない染色方法を守り続けています。
テキスタイル加工に化学的な薬剤を使用しない昔ながらの布作りでは、精錬、漂白にソープナッツ、タマリンドの灰、アロエベラなどを使用します。

日本でも薬を飲むことを「服薬する」「服用する」と言います。昔の日本人は、肌に直接身に付ける衣服に薬理作用があることを知っていたのでしょう。
現代の日本では、無農薬綿花を手紡ぎ手織りし、薬草のみで染める布で肌着や日常着を作ることは難しく、贅沢なこととなってしまいました。

昔ながらの布作りを再現した自然布で、丁寧に作られた衣服を身にまとうことで、何かが呼び覚まされるような気がします。
昔の日本女性は、布を大変大切にしたと言います。
小さな端切れも捨てずに縫い合わせたり、繕ったり。
家族が身にまとうものに気を入れることで、子供を大切にする気持ちが子供を守ることにも繋がる。

手織り手染めの布は貴重で、大量生産することができません。
できた分だけ少しずつ販売するという形をとらせて頂いております。
人の手と自然の恵みだけで染めた昔ながらの衣服を、末長くお楽しみ頂けたら嬉しく存じます。

http://shop.ayurcloth.com/ より引用

アーユルクロスさんは、昔ながらの全く化学処理を施さない染色方法など細部までこだわり抜いたオーガニックブランドです。
生理用品など心身がデリケートな時期に肌に触れるものは慎重に選びたいので、わたしはこちらのアーユルヴェーダ染め布ナプキンを使っています。とてもソフトな肌触りと優しい使い心地がお気に入りです。

アーユルクロス アーユルヴェーダ

妊娠がきっかけでオーガニックにより注目をされている方も多いのではないでしょうか?
アーユルクロスさんのラインナップを、ぜひご覧になってください。
アーユルヴェーダの伝統の中に、新しい自分自身を発見するヒントがあるかもしれません。

⇒アーユルヴェーダ染め手織りオーガニックコットンのrelax wear & Living goods

ハーブへの造詣が深く、並々ならぬこだわりのある方にJai Maaを応援していただき、大変光栄です。
アーユルクロスさん、ありがとうございます。

関連記事

  1. ハーブボール タイ オーガニック 産後ケア ユーファイ
  2. 出産 悪露 ユーファイ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


プロフィール

須代由紀

2005年よりマッサージセラピストとして都内スパなどで8000名以上を担当。
台湾大地震災害ボランティアをきっかけに、命を活かす生き方に強い興味を持ち、こころとからだの専門家になることを目指し国内外で学ぶ。2005年よりタイマッサージ、オイルマッサージ、マタニティトリートメントをはじめ、2006年チェンマイにて修業。2010年よりBMSマッサージセラピースクールにて国際基準の専門知識と筋解剖学に基づいたオイルマッサージ、カウンセリングを修得。2015年より骨格調整をはじめる。2017年、妹の出産で専門的な産後ケアの必要性を実感し、バンコクにて産後ハーバルケアユーファイを修得。帰国後、これまでの専門分野と産後ハーバルケアを融合し、都内を中心に出張産前産後ケアを行う。日本に産後ケアが定着することで、女性への意識が変わり、より生きやすい社会になることを目指しています。

産後ケアユーファイ・育児中の疲労緩和ケア

マタニティマッサージセラピー

詳しいプロフィールはこちら
https://jai-maa.com/profile/

最近の記事

  1. 産後ケア ユーファイ オーガニック ハーブ 産褥期 産後の肥立ち
  2. 女神 母 神聖 Devi
  3. 新年 あいさつ
  4. ミールトレイン 産後 アメリカ 
PAGE TOP